ポララミンは睡眠薬の代わりとして使えるのか

ポララミン

ポララミン(d-クロルフェニラミンマレイン酸塩)は抗アレルギー薬です。

本来は睡眠薬としては使用しませんが、副作用で眠気が強く出ることがあり、主目的とすれば睡眠薬の代用にはなりえるでしょう。

ドラッグストアなどで市販されている薬で「ドリエル」などがありますが、こちらも同じ作用で眠気を誘発しています。

しかしながら、ポララミンなどの抗アレルギー薬は万人に必ず眠気は出ません。

なので「ポララミンで睡眠薬の代わりはできるが、一部の人に限られる」という表現が適切だと思われます。

目次

ポララミンってなんで眠気でやすいの

有効成分が「d-クロルフェニラミンマレイン酸塩」の抗アレルギー薬です。

ポララミンは比較的初期に開発された抗アレルギー薬で、第一世代の抗アレルギー薬です。

第一世代の抗アレルギー薬は効果がとても強力に出ますが、中枢に移行しやすいため、眠気等の副作用が出やすい特徴があります。

第二世代の抗アレルギー薬は、第一世代よりも改良されています。

中枢への移行が少なく、眠気の副作用が出にくいという特徴があります。

第二世代の抗アレルギー薬として有名な成分はアレグラです。

最新の第二世代の抗アレルギー薬は、ビラノア、デザレックス、ルパフィンです。

ポララミンの強さ

一般的に効力・眠気は「第一世代>第二世代」です。

しかし、これが必ずしも当てはまるわけではなく、個人差が出やすいです。

抗アレルギー薬の中枢移行性

抗アレルギー薬の中枢移行性は「第一世代>第二世代」です。

抗アレルギー薬が中枢に移行すればするほど、眠気は強くなる傾向があります。

ポララミンや市販で販売されているドリエル(ジフェンヒドラミン塩酸塩)などは中枢への移行が高いです。

Yanai K, Tashiro M. The physiological and pathophysiological roles of neuronal histamine : an insight from human positron emission tomography studies. Pharmacol Ther. 2007;113:1-15. より一部改変

ポララミンやドリエル(ジフェンヒドラミン)はほぼ同じ程度の眠気が誘発される可能性があります。

内服剤では「ケトチフェン」が一番中枢移行が良いので、眠気が一番強く出ると思われます。

以前は「ザジテンAL鼻炎カプセル」という商品名で市販されていましたが、販売中止になっています。

ポララミンで眠気が出るか?指標みたいなの

以下の項目に当てはまっていれば、おそらくポララミンで眠気が出る可能性が高いです。

  • 以前にポララミン飲んだことがあって、眠気が出た
  • 花粉症や蕁麻疹の薬を飲んで、眠気が出た
  • 総合感冒薬(かぜぐすり)を飲んで、眠気が出た

睡眠薬代わりとして飲むなら何錠飲めばいいのか

1~2錠です。

それ以上飲んでもおそらく眠気でません。

吐き気や口渇などの副作用が強く出る可能性もあるので、それ以上はやめたほうがいいです。

実際に飲んでみて効き目はあるのか

実際に何度か飲んでいますが、かなり眠くなります。

飲むと30分~1時間程度で眠気が出てきます。

1錠だけなら翌日にほとんど持ち越さないですが、2錠飲むと翌日の昼くらいまで持ち越します。

デパス(有効成分「エチゾラム」:ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤)を試しに飲んだことありますが、眠気の出方にあまり差異はない感じがします。

何か考え事をしていて、それに対してワクワクしているとき、言い換えれば興奮しているときは効果はあまり感じられませんでした。

興奮してアドレナリン出て覚醒してると、効果微妙なんでしょうね。

ポララミンを睡眠薬の代わりとして使うのはどうなのか

単発で睡眠薬の代わりとして飲むのであれば問題はほぼ無いと思われます。

常用して飲むのは正直おすすめしないです。

効果にばらつきが出やすい

個人差が出やすすぎます。

抗アレルギー薬が中枢へ移行しやすい人、しにくい人がいて、同じ用量でも効果に違いが出すぎます。

耐性がつきやすい

服用を続けた場合ですが、眠気などに対して耐性が生じることがあります。

花粉症に対して飲んでいるのであれば良いことですが、睡眠薬の代わりとしてみたときにはとても微妙です。

非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬であれば耐性が生じにくいです。

他の副作用も出やすい

口渇、便秘、尿がでにくくなる、眼圧が上がるなどの症状が稀に出てくることがあります。

これらの症状は抗アレルギー薬による「抗ヒスタミン作用」ではなく、「抗コリン作用」で生じる現象です。

抗コリン作用はほかに認知機能の低下なども起こすことがあります。

常用していると認知機能の衰えなどのリスクがあります。

太りやすくなる

ヒスタミンは満腹中枢に作用して食欲を抑える作用があります。

抗アレルギー薬が中枢へ移行すると、上記作用を抑えて、食欲が増進しやすくなる可能性があります。

抗アレルギー薬を睡眠薬代わりに常用していると、食事の量がいつもより増えて太りやすくなる、という残念な結果が出る可能性があります。

集中力、判断力、動作などが低下することがある

眠気等の副作用が出ていなくても、行動が鈍くなることなどがあります。

目次