※ 保険薬局ではないため処方箋は自費となります ※

アンテベートは市販で売ってる?薬局で購入する方法はある?市販の類似薬についても解説

アンテベートはステロイドを有効成分とした薬です。

皮膚疾患の治療に使用される薬で、医師からの処方箋が必要なものですが、「市販されているのか」という疑問があると思います。

また、「市販薬で同じような薬はないか」という疑問も出ると思います。

その疑問にお応えすべく、本記事ではアンテベートの購入方法や市販の類似薬について詳しく解説します。

目次

アンテベートとは

アンテベートは、主に皮膚の炎症やアレルギー反応を抑制するために用いられるステロイド外用薬の一つです。

有効成分は「ベタメタゾン吉草酸エステルプロピオン酸エステル」が含まれています。

ステロイドとは何かと言うと、体が作り出すホルモンの一種で、様々な生理活動に関与しています。

人工的に作られたステロイド薬は、人間の体の中で作られるステロイドよりも効力が強く発揮するように作られています。

その強い抗炎症作用を利用して、皮膚の赤み、腫れ、痒みなどのアレルギー症状を緩和します。

細かく説明しましたが、アンテベートは皮膚のトラブルに対する「消火器」のような役割を果たすと考えていただければ結構です。

アンテベートは市販で売ってる?

アンテベートは現在はドラッグストアなどの一般的な店舗では販売されておりません。

アンテベートは医療用医薬品であり、基本的には購入するためには処方箋が必要だからです。

ドラッグストアでは販売されていませんが、薬局で購入することができることもあります。

処方箋なしで薬局で購入する方法

アンテベートは医療用医薬品ですが、非処方箋医薬品に分類されるため、薬局で小分け販売(零売)しても良いとされています。

そのため、零売を対応している薬局で購入することができます。

ある程度制限はありますが、市販で手に入れる選択肢の一つとなります。

零売とは何か?について気になる方は以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
零売薬局とは何か? 最近増えてきた零売薬局。 当店もそのうちのひとつとなります。 零売薬局を知らない人は「どうして病院の薬が買えるのか」「何でも買えるのか」「違法じゃないのか」な...

しかしながら、一般的な薬局では零売対応しているところは少ないため、購入できる薬局を探すのにも時間がかかると思います。

零売薬局がある場所が気になる場合は以下の記事にまとめてあるので確認してみてください。

あわせて読みたい
【2023年最新】全国の零売薬局一覧 | 処方箋なしで病院の薬が買える薬局はどこにある? 全国都道府県別に零売(れいばい)薬局の一覧を掲載しています。この記事を見ると全国都道府県別で、零売を行っている薬局の場所がわかります。

当店「薬局うさぎや」も零売対応している薬局なので、購入することができます。

あわせて読みたい
アンテベート軟膏/クリーム/ローション | 処方箋なしで市販で買える病院の薬 アンテベート軟膏/ローションは強力に炎症を抑えるステロイド剤です。価格は600円です。薬局うさぎやで処方箋なしでも市販で購入できます。郵送販売や通販はできません。

アンテベートに代替できる市販品

アンテベートは市販では購入できませんが、他のステロイド成分を含む薬は市販されています。

ただし、効力に違いがあるため、完全に一緒ではありません。

アンテベートはステロイドランクが「Very strong」であり、市販薬は一番強くて「Strong」であるため効力が1ランク下がります。

完全に代替できないため、病院へいくか、零売薬局を訪ねてみたほうがよいでしょう。

ステロイドランクについて

ステロイドは、炎症を鎮める効果を持つ薬剤の総称です。

ステロイドはその強さによって5段階にランク付けされ、以下の表のように分類されます。

Weakが一番弱く、Strongestが一番強い効力を持ちます。

  1. Weak:プレドニン眼軟膏など
  2. Medium:ロコイド軟膏など
  3. Strong:リンデロンVG軟膏など
  4. Very strong:アンテベート軟膏など
  5. Strongest:デルモベート軟膏など

リンデロンVs軟膏

リンデロンVs軟膏は、リンデロンV軟膏の市販薬です。

皮膚の炎症やかゆみを緩和するために使用されるステロイド軟膏です。

ベトネベートN軟膏AS

ベトネベートN軟膏ASはリンデロンVs軟膏と同じステロイド成分である「ベタメタゾン吉草酸エステル」が配合されています。

また、抗生剤として「フラジオマイシン硫酸塩」が配合されています。

フルコートf軟膏

フルコートf軟膏はリンデロンV軟膏のステロイドランクと同じ「フルオシノロンアセトニド」が配合されています。

また、抗生剤として「フラジオマイシン硫酸塩」が配合されています。

新リビメックスコーワ軟膏

ステロイドランクが「Medium」の「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」が配合されています。

「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」が配合された市販薬は無数にあります。

アンテベート軟膏と市販薬の比較

アンテベート軟膏が市販のステロイドよりランクが上になります。

商品名ステロイドランク抗生剤成分
アンテベート軟膏Very strong×
リンデロンVs軟膏Strong×
ベトネベートN軟膏ASStrong
フルコートf軟膏Strong
新リビメックスコーワ軟膏Medium×

市販薬を代替薬として選ぶ際の注意点

市販薬は一番強くて「Strong」クラスになります。

一般的には「Strong」クラスを選べばどの商品を購入しても同じような効果が得られます。

ただし、市販薬の中には「Medium」クラスのステロイドも販売されています。

「Medium」クラスではステロイドランクが違いすぎるため、アンテベートの代替にはならないでしょう。

例えば、「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」や「ヒドロコルチゾン酪酸エステル」です。

ただし、アンテベートは「Very strong」クラスになるため、完全に代替にはなりません。

市販薬を使用する場合であっても、数日だけにし、行けるタイミングで病院に行くようにしてください。

また、どうしても行けるタイミングが無い場合で、かつ、近くに零売薬局がある場合はそちらの利用も考えてみてください。

目次