2/24(土)臨時休業のお知らせ。終日休業のためご注意ください。

ビラノアと同じ成分は市販されている?類似の医薬品を徹底解説

現代医療の進歩に伴い、私たちの手元にはさまざまな種類の医薬品が届くようになりました。

その中で抗アレルギー薬として最近出てきたビラノア。

このビラノアはアレルギー性鼻炎(花粉症)やじんましんに対して良く用いられる薬です。

そのため、ビラノアが市販されているのかについては疑問を持つ方も多いでしょう。

結論をいいますと、ビラノアは市販されておりません。

医療用医薬品のため、基本的には処方箋が必要な薬のためです。

しかし、近い効果を持つような抗アレルギー薬も市販では販売されております。

この記事では、ビラノアの特性について、そしてその類似の医薬品について徹底的に解説します。

目次

ビラノアとは

ビラノアは2016年11月に発売された、比較的新しい抗アレルギー薬です。

有効成分としてビラスチンを含んでいます。

花粉症やじんましんなどでよく用いられるお薬です。

特徴としては、第二世代の中でも副作用の眠気が非常に少ない抗アレルギー薬となっております。

抗アレルギー薬の世代について
  • 第一世代抗アレルギー薬

最初の抗アレルギー薬として開発された世代であり、アレルギー症状を効果的に抑えます。

しかし、これらには中枢神経系への影響があり、強力な眠気や集中力低下などの副作用があります。

例としてはポララミン(クロルフェニラミン)やレスタミン(ジフェンヒドラミン)などがあります。

  • 第二世代抗アレルギー薬

これらは第一世代の抗アレルギー薬の副作用を軽減するために開発されました。

中枢神経系への影響が少ないため、眠気などの副作用が少ないです。

例としてはアレグラ(フェキソフェナジン)、アレジオン(エピナスチン)などがあります。

ビラノアは最近開発された薬で、第二世代の中でも特に眠気の副作用がでにくい薬です。

ビラノアと類似の作用があり、代用できる市販薬

ビラノアと同じ作用を持つ市販薬はいくつかあります。

第二世代抗アレルギー薬の市販薬と比較して紹介します。

※効力・副作用は個人差が出るので参考としてみてください。

アレグラFX

アレグラFX

第二世代抗アレルギー薬の中では一番有名かもしれません。

有効成分はフェキソフェナジンです。

ビラノアと同じく、第二世代抗アレルギー薬の中では特に眠気の副作用が出にくい薬です。

1日2回服用する必要があります。

アレジオン20

アレジオン20

有効成分はエピナスチンです。

眠気もほぼでなく、効力もアレグラに比べて強いとされています。

市販薬の中では比較的ビラノアに近い薬かもしれません。

1日1回で効果が24時間持続します。

エバステルAL

有効成分はエバステルです。

効力・眠気など、ほとんどアレジオン20と似ています。

新コンタック鼻炎Z

新コンタック鼻炎Z

有効成分はセチリジンです。

新コンタック鼻炎Zは市販の抗アレルギー薬では効力が出ると思われます。

しかしながら、眠気の副作用も強いとされています。

クラリチンEX

クラリチンEX

有効成分はロラタジンです。

比較的効力もあるお薬ですが、弱点としてまれに個人差が出ます。

有効成分の薬が肝臓で代謝されてから効果がでるためです。

肝臓の代謝能力が個々人によって違うため個人差がでる原因となります。

1日1回で効果が24時間持続します。

タリオンAR

タリオンAR

有効成分はベポタスチンです。

効力はしっかりとあり、かつ、眠気もあまりでにくい抗アレルギー薬です。

市販薬の中では比較的ビラノアに近い薬かもしれません。

1日2回服用する必要があります。

ストナリニ・ガード

有効成分はメキタジンです。

効力は中程度ありますが、眠気も結構出やすい抗アレルギー薬です。

ビラノアの強さと市販薬との比較

ビラノアと比較的近い市販薬は、アレジオン20、エバステルAL、タリオンARだとは思われます。

ただし完全に一緒ではないため、副作用として眠気がでたりすることもあります。

飲んでみても効果が出ないようであれば、医師または薬剤師に相談してください。

商品名効力眠気の副作用服用回数
ビラノア無~弱1回
アレグラFX無~弱2回
アレジオン20弱~中1回
エバステルAL弱~中1回
コンタック鼻炎Z中~強中~強1回
クラリチンEX弱~中弱~中1回
タリオンAR弱~中2回
ストナリニガード中~強2回
ビラノアと市販抗アレルギー薬の比較

ビラノアは零売薬局で購入できるか?

ビラノアは処方箋医薬品の分類となっています。

そのため、零売薬局で購入することはできません。

ビラノアのまとめ

ビラノアは比較的最近開発された第二世代の抗アレルギー薬です。

第二世代の抗アレルギー薬の中でも、眠気の副作用が特に少ないのを特徴としています。

しかし、ビラノアは市販では販売されていません。

類似の第二世代抗アレルギー薬は市販薬として販売されているため、ドラッグストアなどで購入するのも一つの選択肢です。

代用で市販の抗アレルギー薬を買う場合は、眠気などが出る可能性があること、効果が思ったように出ないことも考慮してください。

困ったときには医師や薬剤師との相談を通じて正しい使用方法や注意点を守りながら、適切な選択肢を見つけることが重要です。

目次