2/24(土)臨時休業のお知らせ。終日休業のためご注意ください。

ザイザル(レボセチリジン)は市販で買える?市販の類似品も紹介

アレルギー性鼻炎、花粉症、じんましんなど持病で持つ人は、アレルギーは避けて通れないテーマではないでしょうか。

特に2~4月は、杉とヒノキ花粉によるアレルギー症状が増えることから、アレルギー対策が一段と重要となります。

そこで、今回はアレルギー治療に有効な抗アレルギー薬の一つ、ザイザル(レボセチリジン)に焦点を当ててみたいと思います。

その効果は広く認知されていますが、「ザイザルは市販で購入できるの?」と疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。

また、もし処方箋が必要な場合、類似の薬は市販で手に入るのでしょうか?

その疑問にお答えするべく、ザイザルとその市販の類似品について詳しく解説します。

目次

ザイザル(レボセチリジン)とは?

ザイザルとは、アレルギー症状の治療に使用される薬で、レボセチリジンという有効成分を含んでいます。

もしかしたらレボセチリジンという薬を処方されているため、ザイザルと違うものと勘違いしている人がいるかもしれませんが、ザイザルとレボセチリジンは有効成分が全く一緒のものです。

ザイザルの効果

ザイザルは体内のヒスタミンという物質が引き起こす反応を防ぎ、アレルギーの症状を緩和します。

ヒスタミンはアレルギー反応時に放出され、鼻水や目のかゆみ、くしゃみなどのアレルギー症状を引き起こします。

このヒスタミンの作用を阻害することで、ザイザルはこれらの症状を抑制します。

具体的な使用用途としては、季節性アレルギー性鼻炎や多年性アレルギー性鼻炎、慢性じんま疹、アトピー性皮膚炎などの症状緩和に使用されます。

また、痒みを伴う皮膚疾患に対する痒みの抑制や、アレルギー性結膜炎の症状緩和にも役立ちます。

ザイザルの副作用

ザイザルは第二世代抗アレルギー薬に分類されるため、比較的に眠気や口渇などの副作用が出にくいとはされています。

副作用が気になる場合や、現れた場合は医師または薬剤師に相談することが重要です。

抗アレルギー薬の世代について
  • 第一世代抗アレルギー薬

最初の抗アレルギー薬として開発された世代であり、アレルギー症状を効果的に抑えます。

しかし、これらには中枢神経系への影響があり、強力な眠気や集中力低下などの副作用があります。

例としてはポララミン(クロルフェニラミン)やレスタミン(ジフェンヒドラミン)などがあります。

  • 第二世代抗アレルギー薬

これらは第一世代の抗アレルギー薬の副作用を軽減するために開発されました。

中枢神経系への影響が少ないため、眠気などの副作用が少ないです。

例としてはアレグラ(フェキソフェナジン)、アレジオン(エピナスチン)などがあります。

ザイザルは最近開発された薬で、第二世代の中でも特に眠気の副作用がでにくい薬です。

ザイザルは市販で売ってるの?

ザイザルは市販で購入できるのか?という疑問があると思います。

残念なことにザイザルは市販では購入することはできません。

日本では2023年現在、ザイザルは処方箋医薬品に分類されるため、処方箋がないと購入できない規定があります。

しかし、ザイザルと同じような効果を持つ市販の薬は存在します。

ザイザルとほぼ同じ作用があり、代用できる市販薬

ザイザルは処方箋が必要な薬ですが、アレルギー症状の緩和には市販の抗アレルギー薬も存在します。

これらの薬はドラッグストアなどで手に入れることが可能です。

市販の中でも特にセチリジンの成分を含有している商品は、非常に近い効果を持ちます。

ザイザルはセチリジンの眠気が出てしまう原因を取り除いた改良品だからです。

新コンタック鼻炎Z

新コンタック鼻炎Z

有効成分はセチリジンです。

ザイザルと同じく、季節性アレルギー性鼻炎や多年性アレルギー性鼻炎を緩和します。

ストナリニZジェル

有効成分はセチリジンです。

ザイザルと同じく、季節性アレルギー性鼻炎や多年性アレルギー性鼻炎を緩和します。

ストナリニ・ガード

有効成分はメキタジンです。

効力は中程度ありますが、眠気も結構出やすい抗アレルギー薬です。

タリオンAR

タリオンAR

有効成分はベポタスチンです。

効力はしっかりとあり、かつ、眠気もあまりでにくい抗アレルギー薬です。

1日2回服用する必要があります。

ザイザルの抗アレルギー薬としての強さ

ザイザルは抗アレルギー薬の中では効力が強いほうです。

第二世代の抗アレルギー薬なので眠気もあまりでないとはされています。

商品名効力眠気の副作用服用回数
ザイザル中~強1回
コンタック鼻炎Z中~強中~強1回
ストナリニZジェル中~強中~強1回
ストナリニガード中~強2回
タリオンAR弱~中2回

市販薬を選ぶ際の注意点

今回紹介した「新コンタック鼻炎Z」「ストナリニZジェル」以外にも、市販の抗アレルギー薬(アレグラFXなど)は多種販売されております。

代用で市販の抗アレルギー薬を買う場合は、眠気などが出る可能性があること、効果が思ったように出ないことも考慮してください。

困ったときには医師や薬剤師との相談を通じて正しい使用方法や注意点を守りながら、適切な選択肢を見つけることが重要です。

ザイザルは零売薬局で購入できるか?

ザイザルは処方箋医薬品の分類となっています。

そのため、零売薬局で購入することはできません。

まとめ: ザイザルと市販類似品を上手に活用する

ザイザルは強力な抗アレルギー薬であり、特にアレルギー性鼻炎やじんましんなどのアレルギー症状の緩和に有効です。

その一方で、処方箋が必要となるため、ドラッグストアや零売薬局では購入することはできません。

しかし、ザイザルに類似した作用を持つ市販の薬も存在します。

セチリジン含有の市販薬もアレルギー症状の緩和に効果があり、自分の症状に応じて選ぶことができます。

ただし、市販薬を選ぶ際には注意が必要です。

効果が思ったように出ない、眠気の副作用が強いなど起こりえるからです。

困ったときはお近くの薬局の薬剤師などを頼ってみてください。

目次