2/24(土)臨時休業のお知らせ。終日休業のためご注意ください。

フルメトロン(フルオロメトロン)点眼液は市販で買える?花粉症への効果などは?

フルメトロンアイキャッチ

花粉症は、季節の変わり目に多くの人々が直面する慢性的な問題です。

これらのアレルギー症状は、生活の質を大きく低下させ、日々の活動を困難にすることがあります。

特に、目の症状は非常に不快なため、症状を改善させるために点眼液を利用することが一般的です。

フルメトロン点眼液(フルオロメトロン点眼液)は抗炎症作用を持つステロイド型の点眼液で、主に花粉症による眼の痒みや充血を軽減するために用いられます。

しかし、フルメトロン点眼液は、一般的なドラッグストアで簡単に手に入れることはできません。

市販ではどのようにして買えばいいのか?

また、フルメトロン点眼液の花粉症への効果なども詳しく解説します。

目次

フルメトロン(フルオロメトロン)点眼液とは

フルメトロン(フルオロメトロン)点眼液は、ステロイド型の点眼液で、抗炎症作用を持つことで知られています。

主に花粉症、アレルギー性結膜炎およびほかのアレルギー性眼疾患の症状、ものもらいによる炎症などを軽減するために使用されます。

具体的には、フルメトロン点眼液は腫れや痛みを引き起こす物質の生成を抑制し、目の痒み、赤み、腫れなどの不快な症状を緩和します。

このようにして、フルメトロン点眼液は、アレルギーが原因で発生する不快な眼の症状を効果的に緩和します。

フルメトロン点眼液の花粉症への効果

フルメトロン点眼液は、特に花粉症による眼の症状に対して効果的です。

具体的には、目の痒み、赤み、腫れといった典型的な症状を緩和します。

これは有効成分のフルオロメトロンが免疫応答を抑制し、炎症反応を抑えることで達成されます。

その結果、アレルギーが引き起こす不快な症状が軽減され、目の症状が楽になります。

花粉症とは免疫システムが花粉に過剰反応を起こし、ヒスタミンなどの物質を遊離することで症状が発生します。

フルオロメトロンはこの過剰反応を抑制し、症状の発生を抑えます。

また、フルメトロン点眼液はステロイド型の薬剤であるため、抗炎症作用があり、眼の炎症を早期に抑えることができます。

そのため、即効性があり効果も実感しやすいです。

しかしながら、長期連用していると副作用の可能性があり、特に眼内圧上昇や白内障のリスクが出てきます。

このため、基本的にはフルメトロン点眼液は頓用での使用をします。

フルメトロン点眼液は市販で売っているのか?

フルメトロンとフルオロメトロン点眼液

ドラッグストアなどの一般的な店舗では販売されておりません。

ただし、フルメトロン点眼液は非処方箋医薬品に分類されるため、零売薬局で購入することができます。

ある程度制限がありますが、市販で購入したい場合は零売薬局を利用することも選択肢の一つです。

零売薬局について気になる方は以下の記事を読んでください。

あわせて読みたい
零売薬局とは何か? 最近増えてきた零売薬局。 当店もそのうちのひとつとなります。 零売薬局を知らない人は「どうして病院の薬が買えるのか」「何でも買えるのか」「違法じゃないのか」な...

当店も零売を対応している薬局なので購入することが可能です。

あわせて読みたい
フルメトロン点眼液 | 処方箋なしで市販で買える病院の薬 フルメトロン点眼液は炎症などを抑える薬です。価格は600円です。薬局うさぎやで処方箋なしでも市販で購入できます。郵送販売や通販はできません。

零売を対応している薬局がどこにあるか気になる方は、全国の零売薬局をまとめた記事があるのでそちらを見てください。

あわせて読みたい
【2023年最新】全国の零売薬局一覧 | 処方箋なしで病院の薬が買える薬局はどこにある? 全国都道府県別に零売(れいばい)薬局の一覧を掲載しています。この記事を見ると全国都道府県別で、零売を行っている薬局の場所がわかります。

フルメトロン点眼液の類似作用を持つ市販の薬

ドラッグストアなどの一般的な店舗では、ステロイドが入った点眼液は販売されておりません。

そのため、類似作用、代用できる薬もありません。

フルメトロン点眼液を市販で買うには

先にも述べた通り、現在のところドラッグストアなどではフルメトロン点眼液は販売されておりません。

個人輸入などの通販で購入することも可能だとは思われますが、フルメトロン点眼液は正しく使用しないと症状の悪化や感染症のリスクが高くなってしまうため医療知識をもつ専門家の指導下で使用すべきです。

どうしても購入したい場合は零売薬局で購入すると良いでしょう。

目次